就職試験での適性検査について


企業の就職試験の一部として、適性検査を行うところがあります。

適性検査とは、一体どういったことを調べられているのでしょう。

就職試験でよく用いられるSPIの性格適性検査には約200問程の質問があります。

就職試験の一環として適性検査を受けてもらうことで、
性格傾向を判断するものです。

その人の感情の動きや、人格の一端を知るために使われます。

性格適性検査の質問には、ある程度の正解、好まれる回答が
存在するということがいえます。

この答えを書いておけば間違いないというものはなく、業種や職種によって
どんな適性が求められるかは異なっています。

就職試験の対策本などでは、適性検査を受ける時にはできるだけ嘘はかかず、
ありのままを書くことを推奨していることもあります。

適性検査はその人の人物像を知るためのものでしかありませんので、
これが正しいというものはありません。

性格適性検査の質問は、行動的側面、意欲的側面、情緒的側面、
ライスケールに大分類することができます。

行動的側面、意欲側面によって、その人物がアクティブに仕事に
取り組んでくれるかが判断できます。

情緒的側面の質問では、感情のコントロールができる人物かどうかが診断されます。

自分に正直であるかどうかは、ライフスケールによってわかるといいます。

適性検査を実施する企業かどうか、就職試験を受けに行って始めてわかることもありますが、
可能であれば事前のリサーチはしておきたいものです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。