男性が多く働く土木建築の仕事


男性が多く働いている仕事としては、土木や建築関係などの、
俗にいうガテン系の職業があります。

一般的には工事現場で働く男性のイメージがあります。

土木や建築に関する専門技術を持つ仕事という意味合いが強いようです。

男性の仕事の中でもガテン系のものは、資格を職種に応じて有していれば、
比較的転職が行いやすいというのがメリットです。

土木や建築関係の資格は多岐に渡り、中には特殊な資格もあるためです。

とび職、墨だし工、型わく大工、鉄骨工、左官など、
土木や建設に関する仕事だけでも非常にいろいろあります。

それぞれの仕事に、ひとつひとつ対応した資格があります。

ニーズが高く、転職にも便利だと言われているのが、
測量士や移動式クレーン運転士などの資格です。

建築現場の仕事は肉体労働できつい印象がありますが、
休憩時間がはっきりしており、残業は滅多にない場合が多いです。

しかし、繁忙期の場合や施工主やお客さんの要望によって休日が減ることもあります。

勤務時間が日替わりで変わったり、夜間の仕事になることもあるのが、
道路やダムなどの土木工事でしょう。

魅力は収入が安定しているということですが、男性でも一般的に
力仕事が多くきつい仕事ですし、仕事を朝早くからすることになります。

男性で体力に自信のある人に、この仕事は向いているかもしれません。




ホストという男性の仕事について


男性のみを対象とした仕事として、
比較的良く知られているものがホストではないでしょうか。

近頃はメディアに登場する機会も増えた、男性の花形職業とも見なされています。

女性を接待する男性従業員であるホストは、社交飲食店の職員となります。

勤務体系は深夜からで、いわゆる夜の街に存在する仕事です。

年齢層は若く、最近は25歳前後の男性で占められています。

常に求人サイトや雑誌に募集が出ているようで、ホストになるだけなら
そんなに難しいことではありません。

収入も売れっ子ホストになると高く、けっして自分のお店を持つことも
夢ではないように見えることもあります。

イメージほど簡単な仕事ではないのがホストというものです。

酒を丈夫な男性でもきついと感じるほど飲まなければならない場面もあり、
ホストの絶対条件はお酒が飲めることだといえます。

掃除や屋外での呼び込みなど、様々な仕事を新人は行わなければならないといいます。

精神的にも体力的にも非常にきつい仕事だと言われていて、
営業時間以外の売り込みなども不可欠です。

真面目に取り組んだから結果が出るかというとそうでもなく、
指名や売り上げで収入が決まる仕組みになっているのも大変なところです。

短期間で辞めていく男性もまた多い仕事だといわれていて、
ホストになることは簡単ですが続けるのは難しいことです。


憧れの職業


幼少期に憧れていた職業は、人によっては色々あります。

スポーツ好きな男の子であれば、サッカー選手や野球選手に
なりたいと憧れる子供も多いでしょう。

一方、女の子が憧れる職業の上位には、看護婦さんや保母さんなどの
職業があるといいます。

小学生を対象にしたアンケートの結果では、男の子の第一位はサッカー選手、
女の子の第一位はパティシエなのだといいます。

成長するに従って、憧れる職業の内容は実現性を見越したものになります。

中学生を超えると、まずスポーツ選手やパティシエといった華やかさのある職業は、
案外憧れの職業ランキングから消えていくもの。

これらの職業に取って変わるのは、自分にできそうな職業、興味を持てそうな職業、
給料や待遇が良い職業が憧れの対象になります。

医師や教師に憧れる子供は比較的多いようです。

子供の頃は漠然と教師、医師だったものが、年齢を重ねるに従って内科医師、
理科教師というように希望内容が限定されていきます。

将来を見越して文系クラス、理系クラスに高校からは分かれるようになります。

つきたい職業によって、大学の学部を選び、
受験科目を選択する必要も出てきます。

本当に憧れている職業が現実となるのか、受験の頃にはおのずと
ある程度決まってくるようになります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。